ニュース

  • 公務員定年を65歳に、政府検討
    政府は現在60歳の国家公務員と地方公務員の定年を65歳に延長する検討に入った。2019年度から段階的に引き上げる案を軸に調整する。公務員の総人件費を抑制するための総合策もあわせてつくる。少子高齢化が加速するなか、労働人口を確保する。政府が率先して取り組むことで、企業への波及効果も狙う。 (中略) 65歳への引き上げを軸とするのは、公務員の年金制度にあわせるためだ。支給開始の年齢は13年度から25年度にかけて65歳に段階的に引き上げる予定だ。定年が60歳のままだと定年後に年金を受けとることができない人が多く出る恐れがある。 引き上げにあたっては、国家公務員法で62歳と定める省庁の事務方トップの事務次官の定年延長も議論する。事務次官の年齢があがると局長や課長などの年次で構成する霞が関の...
  • シニアが選ぶ派遣の道
    長寿や経済的な理由で、働くシニアが増えている。正社員ではなく派遣社員の道を選ぶ6...
  • サービス業など高齢者を積極活用、「ゆるい」働き方で貴重な戦力に
    厚生労働省によると6月の正社員の有効求人倍率が1倍を超えた。非正規社員だけではな...
  • 「人生再設計」可能な社会を、経済再生相
    茂木敏充経済再生担当相は9日、報道各社のインタビューに応じ、少子高齢化が進む日本...
  • 1957年生まれの還暦人「60歳過ぎても働きたい」は約9割
    PGF生命は2017年に還暦を迎える1957年生まれの男女を対象にインターネット...
  • 高齢者を介護職に 十勝2施設で「助手」養成
    帯広市内の介護老人保健施設「アメニティ帯広」(西16北1、武田政俊施設長)と鹿追...
  • 北陸は女性と高齢者の活躍「先進地域」
    日銀金沢支店は十日、北陸三県の女性と高齢者の活躍推進に向けた取り組み状況をまとめ...
  • 85歳で現役販売員:日本で薄れる定年
    化粧品大手ポーラの店舗でしわ改善クリームや美容品を販売する飯田芳子さんは、85歳...
  • 選べる労働時間、広島電鉄導入
    広島電鉄(本社・広島市中区)は26日、9月中旬から短時間正社員制度を導入すると発...
  • 大和ハウス、技術系対象にシニア雇用4割増
    大和ハウス工業は建物・設備の設計や現場監督といった技術系分野で、シニア人材の雇用...