ニューストッピック

  • -第10回-本を読んで、勉強する。
    「どんなやり方で人は成長するか」と問われると、私の場合は「本を読んで、勉強する」 という答えが自然に出てくるだろうと思う。  先日、OECDが発表した「国際成人力調査(PIAAC)」で日本が読解力と数的思考力 の2科目で世界1位となったことが報道され、バブルの崩壊来20年の間蔓延していた自虐的日本論から、やっぱり日本だ、という見直しの風潮をサポートするものとなった。  大体、日本人は勤勉と相場が決まっていて、この失われたデフレ時期の間もグローバルの風にさらされながら、真面目に残業し、仕事を維持継続していた。徳川時代も武士には藩校、庶民に寺子屋というものがあり、そこでは、「子曰く学びて時にこれを習う、また悦ばしからずや」という論語の丸暗記をさせられる勉強の習慣があった。封建...
  • -第9回-人の興味の違い
    5歳になる私の孫は、プラモデルのミ二アチュア自動車に夢中になっている。その中でも...
  • リスクが嫌いな日本人
    平均で1100万円、中央値で330万円という家計の金融資産の内容をもう少し見てみ...
  • 金融資産の「平均」のカラクリ
    みなさんは貯金をいくらお持ちでしょうか?株式や保険などと合わせた総額はどのくらい...
  • -第8回-人が持っている行動のパターン
    「蓼食う虫も好き好き」という言葉を、私など、すぐに思い出してしまうのだが、人は刺...
  • 捕鯨と石油と電気
    アメリカの作家ハーマン・メルヴィル(1819~1891)は、家が破産し少年時代か...
  • 人間の能力は二こぶラクダの背の如し
    我国が造船世界一だった頃、造船業界の懸念は次第に進みつつある造船現場の高齢化であ...
  • 東京の高齢化
    東京都の人口が、オリンピックが開かれる2020年をピークに減少に転じ、高齢化が進...
  • -第7回-仕事に対する価値観
    仕事上、大したことでもないのに、何か話が食い違って、やり取りをしているうちに、と...
  • ストリート販売員の伝説
    ロンドンのアイルランド系貧民に生まれたJohn Birdは子供の頃から孤児院・ホ...