ニューストッピック

  • 増え続けている働くシニア 6年連続過去最多更新
    60歳以上で働いている人材ってどのくらいいるかご存知ですか? 実は1000万人以上のシニア人材が日本では就業しています。 働くシニア1192万人 6年連続最多更新 就業者の2割 総務省調査 60歳以上で働いている人(就業者数)は平成24年平均で前年比17万人増の1192万人となり、6年連続で過去最多を更新したことが、総務省の労働力調査で分かった。全就業者に占める割合は19・0%に達し、ほぼ5人に1人が60歳以上となった。 年金の受給開始年齢の引き上げや高齢化などで、60歳の定年後も働く人が増えている。若い世代の働き手が減っており、60歳以上の占める割合はさらに高まる見通しだ。 10年前と比べると、60歳以上の就業者数は約310万人増加し、60歳代前半では60~64歳の全人口のうち半数...
  • ベテランが「ベテラン」として働ける場を
    最近の60代はとても若々しく感じます。周りを見渡してそう思う機会が、本当に多くあ...
  • 日本の技術輸出、ハードだけではなくソフト面も
    朝の通勤電車で、以前に見た、鉄道会社をテーマとしたテレビ番組を思い出しました。 ...