コラム

  • 少子高齢化で拡大する市場、縮小する市場
    少子高齢化が進むことで、規模の拡大が期待される市場と、逆に縮小が懸念される市場があります。たとえば、高齢化によって医療や介護の市場は拡大を続けていますし、少子化によって教育や玩具の市場は縮小しています。 年代別、拡大する市場とは 総務省統計局の平成25年の家計調査によれば、二人以上の世帯について世帯主の年齢階級別に以下のような暮らしの特徴があることがわかります。 30歳未満で多い住居費 30歳代で多い幼児関連費 40歳代及び50歳代で多い教育関係費 60歳代で多いゴルフプレー料金 70歳以上で多い健康保持用摂取品の支出 これらは今の暮らしの特徴ですが、同時に、今後、拡大する市場と縮小する市場を示唆しています。 30歳未満で多い住居費 30歳未満の住居費は年間50万円弱で...
  • 市場拡大する団塊シニア向けファッション
    人口の多い団塊世代が60代となり、シニア市場は拡大を続けています。政府の家計調査...
  • シニアと日本の外食産業-肉食シニアが変える外食-
    いまどき「肉食シニア」実態は?の記事で、 シニアの皆さん、もっとお肉を食べましょ...
  • 起業に仲介、広がるシニアの活躍の場
    まだまだ元気に活躍できるアクティブシニアが増える中、シニアのスキルと労働力を活か...
  • 人手不足で期待される外国人とシニア-労働人口の減少-
    景気回復に伴って、様々な業界で人手不足が深刻になってきています。 日本経済新聞が...
  • 少子高齢化の進む皇室-日本社会の縮図-
    三笠宮様の次男、桂宮宜仁様が6月8日、お亡くなりになったことで、皇室は天皇陛下を...
  • 選択肢広がるシニア向け住宅-多様化する住居ニーズ-
    高齢化社会の進展に伴い、量的な拡大を続けてきたシニア向けの住宅市場ですが、ここに...